燃え尽き症候群

(Burnout Syndrome)大きな仕事や研究をやり終えた後に、虚脱感に襲われ、朝起きられない、会社または職場に行きたくない等の状況に陥る。「うつ」状態になる場合もある。1974年に米国で発見されたと言われる。